便秘の辛さは、経験してみないとわからない

世の中には、便秘に一度もなったことが無い、という人もいる事でしょう。実際私の周りにもそういった人たちは何人かいるのですが、彼ら彼女らに言わせると、便秘の辛さが全く理解できないそうなのです。

そりゃもちろん、便秘になったことがない訳ですからね、具体的にどういう辛さかは分からないと思いますが、それでも「辛いんだ!」という事くらいは、理解してほしいものです。なのに、周りの友人たちは「そんなの、トイレにいって、サッと出せば済むじゃないか」みたいな感じで、全く理解を示そうとしてくれません。いやだから、出そうと思っても出せないから、苦しくて、辛くて、痛くて・・。うーん、なぜこれが分かってもらえないのでしょうか。

とまあ、このように便秘に対する世間の考え方、捉え方というのは、まだまだこんな程度のレベルであって、私のように慢性的な便秘に悩まされている者からすると、とても悲しいわけであります。

なので、今後はもっと便秘に対する理解度が深まるようなテレビ番組であったり、雑誌であったり、会であったりが広く行われるようになってほしいものです。そうすれば、便秘に悩んでいる人たちも、少なからず生きやすい世の中になると思うんですけどね。まあ、結局のところ、便秘の辛さは、経験してみないと分からないのかもしれませんが・・。