便秘の辛さは、経験してみないとわからない

世の中には、便秘に一度もなったことが無い、という人もいる事でしょう。実際私の周りにもそういった人たちは何人かいるのですが、彼ら彼女らに言わせると、便秘の辛さが全く理解できないそうなのです。

そりゃもちろん、便秘になったことがない訳ですからね、具体的にどういう辛さかは分からないと思いますが、それでも「辛いんだ!」という事くらいは、理解してほしいものです。なのに、周りの友人たちは「そんなの、トイレにいって、サッと出せば済むじゃないか」みたいな感じで、全く理解を示そうとしてくれません。いやだから、出そうと思っても出せないから、苦しくて、辛くて、痛くて・・。うーん、なぜこれが分かってもらえないのでしょうか。

とまあ、このように便秘に対する世間の考え方、捉え方というのは、まだまだこんな程度のレベルであって、私のように慢性的な便秘に悩まされている者からすると、とても悲しいわけであります。

なので、今後はもっと便秘に対する理解度が深まるようなテレビ番組であったり、雑誌であったり、会であったりが広く行われるようになってほしいものです。そうすれば、便秘に悩んでいる人たちも、少なからず生きやすい世の中になると思うんですけどね。まあ、結局のところ、便秘の辛さは、経験してみないと分からないのかもしれませんが・・。

便秘は水分を摂ることで改善できる

便秘は、水分を十分に摂取しないと起こりやすくなってきます。

水分不足になると、腸内に存在している老廃物が固くなってしまい、便が出にくくなってしまうのです。この状態になると、毎日トイレで苦しむことになってしまうだけではなく、痔などのトラブルを起こす原因になってしまうでしょう。

便秘を解消したいときには、十分な水分を摂取するように気を付けてみましょう。

毎朝起きたときには、すぐにコップ一杯の水分を摂ることで、腸の中に存在している老廃物を柔らかくすることができます。また、朝起きてすぐに水分を飲むことにより、腸の動きを活性化することができるため、スムーズなお通じを期待することができるのです。どうしても便秘が解消されないときには、水分に注目してみましょう。

水を飲むときには、冷たく冷やしたものを飲んだほうが清涼感を得られますが、あまりにも冷たくし過ぎてしまうと、腸に刺激を与えてしまいよくありません。水を飲む際には、常温からぬるま湯程度に温めたものを飲むようにしてください。常温程度のものであれば、腸を驚かせてしまう心配がなくなってくるので、便秘が起こる頻度も少なくなってくるのです。

便秘に悩んでいる人は、水分を摂るように気を付けてみるとよいでしょう。